電力自由化は比較することでコストダウンできる

電力会社は選択の時代

住宅

自由化の背景

これまでは住んでいる地域の電力会社と契約することが一般的でした。しかし2016年4月より電力自由化が始まり、地域に関係なく自由に電力会社を選べる様になりました。この電力自由化が開始された背景には、消費者にとって料金面でのメリットや選べるプランが増えただけではありません。日本に住む全ての世帯に関係してくる法改正です。何故電力自由化が始まったのでしょうか。きっかけは2011年の東日本大震災です。原発の事故により広い範囲で電力不足がありました。東北の電力不足を補う為、他地域の電力会社から送電したりと連携が図られました。しかし地域により送電線の種類等に違いがあり、そして電力会社間の連携も機能しませんでした。この地域毎に違う仕組みで運営している事が、問題であるとわかりました。そして電力の小売りの全面自由化に至りました。電力を広域運用できる様に、そして全国どこでも他地域から電力が送電できる様にと現在も進められています。これにより、災害時に局地的な電力不足が起こるリスクを回避できる事が期待されています。電力自由化により、多くの企業が参入できる様になりました。今まではその地域の電力会社しか供給していなかったので、企業間の競争はありませんでした。それが電力会社の怠慢にも繋がっていました。電気事業への参入が自由になり、企業間の価格競争が起こっているため、消費者に費用面でのメリットが生まれ始めています。企業ごとにセットプランなど異なっているので、電気料金を見直すためにも電力自由化を大いに活用しましょう。