電力自由化は比較することでコストダウンできる

有機ゴミでつくる電力

Biomass

残りカスは肥料に

火力発電では石油や石炭、天然ガスなどを燃やして電気をつくります。この時に大量に出る二酸化炭素が地球温暖化の原因になると問題になっています。そのため政府はクールビズ運動などで節電を呼びかけています。また太陽光や風力、地熱、水力などの再生利用可能エネルギーを利用した発電事業も推し進められています。その中で最近注目されているのがバイオガス発電です。バイオガス発電は食品の残りゴミや家畜の糞尿、下水ゴミなど有機ゴミを使用する方法です。これらの有機ゴミを発酵させると二酸化炭素やメタンガスなどが発生します。これを燃やして電力を作るのです。地球温暖化ガスである二酸化炭素やメタンガスを消費するのですから環境にやさしい電力だと言えます。それに発酵後の残りカスは雑菌などがない衛生的な肥料として使えるのです。バイオガス発電はまさに理想的な電力だと言えるでしょう。日本での普及率はこれからですが、導入を検討しているところも増加しています。ドイツや北欧などではバイオガス発電の普及率は高く、個人でも導入しているケースも多くなっています。バイオガス発電でオール電化にしている家庭もあります。また農家や農場など電力を多く使用しているところでもバイオガス発電は活躍しています。バイオガス発電の設備は原料タンクや発酵槽、発電機といった簡素なもので、個人でも安全に操作できます。また有機ゴミなど簡単に手に入るものが原料となっています。石油などは資源の枯渇が問題になっていますがバイオガスならその心配もありません。